アイディア貯金箱を息子と作成!アイデアと作り方!しかけでコンクール入賞をめざす!

夏休みの自由研究と言えばアイディア貯金箱

夏休みも残り2週間になったので、ついに重い腰をあげ、

息子と一緒にアイディア貯金箱作成に挑む!

私のが小学三年生の時に作ったのが

『お金を入れると回る扇風機』

で当時の三年生ではかなり良い出来で入選した覚えがある。

夏は暑いので涼がとれて、そして貯金もできる。

アイデアとしてもよかったと自負しています 笑

使った材料はミニ四駆のノーマルモーターと金具の部分

模型の船のプロペラ

ホームセンターで購入した電池BOX、リード線、木材

作り方は木材で扇風機の形を作り、上にモーターを設置

モーターに船のプロペラを取付し

リード線でモーター電池ボックス、ミニ四駆の金具を繋ぐ

しかけとしては木材にお金が入る丸い穴を開けておき

その木材に取手を取り付けし、その木材を下にスライドさせると

金具の部分同士が接触し扇風機がまわる。

この時にお金が箱の中に入るようにして、戻すと扇風機がとまる。

小学校三年生にしては、かなり良いアイデアだったと思う。

電気の仕組みについては、当時流行ったミニ四駆で勉強することができて、

遊びも学びになることが、大人になった今わかったような気がします。

ですが、私の息子はまだ小学校1年生、今回作るアイディア貯金箱も

1年生らしくシンプルな仕掛けにしないと、

『これ、絶対親のアイデアでしょ?』

となるので、シンプルな仕掛けで作成してみました。

アイディア貯金箱のアイデア

しかけとしてのアイデアはお金を入れると割り箸で作った傾いた橋を

お金が転がって行き

ゴールまで辿りつけば『ラッキー』、

たどり着けなければ『アンラッキー』と

シンプルなアイデアで考えて作成しました。

その名もラッキー貯金箱!

(この時点で私のアイデアで有ることがバレバレですが・・笑 そこは無礼講で・)

 

アイディア貯金箱の作り方としかけ

まず用意した材料は

割り箸 段ボール箱の大と小 画用紙 折り紙 A4クリアファイル

大体3時間くらいで終わりました。(途中ボンドが乾くまで3時間待ったけど)

1 段ボールを切る。

アイディア貯金箱1アイディア貯金箱12アイディア貯金箱13アイディア貯金箱段ボール

上の画像のように大と小の段ボールを切り、

大の段ボールの中に小の段ボールが入るようにする。

(この時点で息子に好きに段ボールの外側に貼るための画用紙を切ってもらいます。)

 

 

2 割り箸でお金が転がるところを作る。

下の画像のようにボンドで割り箸をくっ付ける。

(割り箸を割って、割った割り箸を3本溝ができるように付ける。)

これを3セット作る。

アイディア貯金箱2.jpg

 

 

3 小の段ボールに画用紙で点数を付ける。点数と点数の間に段ボールで間仕切りを付ける。

(『息子がいいアイデアを思いついた!』と言って、

ラッキーアンラッキーより点数をつけたいとのことなので仕様を変更しました。)

 

アイディア貯金箱3

 

4 大小の段ボールに画用紙を貼った状態

アイデア貯金箱4

 

5 大の段ボールにお金を入れるための穴を開け、2で作った割り箸を3組セット

下の画像のように3本に勾配をつけ、3本が微妙に勾配の角度が違うようにして

お金を入れる場所によって、転がる速さが違うようにして場所によって難易度が

違うように しかけ をほどこした。

アイデア貯金箱5

 

6 大の段ボールを開けると、小の段ボールが取り出せるよう鍵をつけました。

アイディア貯金箱蓋アイディア貯金箱鍵アイデア貯金箱鍵

 

7 大の段ボールにクリアファイルで蓋をして完成!

アイディア貯金箱クリアファイルアイディア貯金箱完成

 

このアイディア貯金箱でコンクール入選狙えるのかな?

アイディア貯金箱を作ってみての感想として、

アイデアと出来栄えではまずまずだったと思いますが、

いざお金を入れてみるも途中で止まったり、すぐに0点に落ちたりと

なかなかコツがいります。コツを掴むまでどれほど貯金することになるんでしょうね・・

 

まあ、息子と楽しく貯金箱をつくれたことが何より楽しかったです。

作ったあとは、何回もお金を出してまたチャレンジしての繰り返しだったので

夏休み終わるまでに壊れてしまいそうなので、すぐに隠しました 笑

 

2学期が始まって最初の登校日に嬉しそうな顔で学校に持っていく姿が

目に浮かびます。

 

入賞できるかわからないけど、息子もいいおもいでになったとおもいます。

最後までありがとうございました。